トップ >

作ったワケ:お客様の「作った理由」

 
 
 
【お客さまの「作ったワケ」】

 
ご依頼の理由は人それぞれ。色んなお悩みがあるもんですね。
 
 
 

 
【はたらく名刺お客様インタビュー/その1】 
長岡市あしか自然形体院の池田さんにお話伺って来ました。
 
──────────────────────
池田さんトコは自然形体療法なる世にも奇妙な
揺すって治す民間治療院。施術に痛みを伴わない
のがウリだけど、それが返って怪しいよね(笑)
それでは、じっくりお読みください。
──────────────────────
 
 
名刺屋
よろしくお願いしますね。
まず、どうやって私のホームページ見つけたんですか?
 
池田さん:
TV(NSTスーパーニュース)に出てたじゃないですか〜。
 

 
名刺屋:
あ〜、アレでしたか。ありがとうございます^^
ところで何でまた資料請求して下さったんです?
 
池田さん:
えーとですね、
ウチのは新しい民間療法で認知度が無く、
開業したてというのもあって「どう宣伝したものか」と。
それと他と違う楽しいモノを探してました。
神田昌典さんのニオイを感じたのも理由です。
 

 
名刺屋:
神田さんかぁ。本は数冊読みましたけど、
むしろ苦手な方なのでちょっとショック(笑)
本質的には良い事言ってますけどね。
ところで送らせてもらった資料、役に立ちました?
 
池田さん:
役にたちましたよ〜。
自分の仕事って何だろう?って考えさせられましたけど…。
さとうさん、本出版すればいいのに。
 

 
名刺屋:
あはは、出せたらいいですね^^
で、資料をお送りさせて頂いたのが確か3月、
作成のご注文を頂いたのは6月でしたよね。
その間って注文を迷われてたんですか?
 
池田さん:
いえ、お金を貯めてました。長らくお待たせしました(笑)
 

 
名刺屋:
そうだったんですね。ありがとうございます。
で、せっかく申込みもらいましたケド、
取材に行くまで1ヵ月ほどお待たせしてしまいゴメンナサイでした。
その間のワタシとのやりとりはどうでした?
 
池田さん:
メールは1日と空かずに返信頂き、ヒマな人…。
失礼。楽しいメールで安心でした。
 

 
名刺屋:
マメな人って言って欲しいなぁ(笑)
それで実際に取材当日となったワケですケド、
半日もお時間割かせてしまってスイマセンせんでしたねぇ。
ワタシの取材を受けてみてどうでした?
 
池田さん:
遠方の取材でこちらこそお手間かけました。
写真は苦手でしたが、秘密道具で笑えました。
さすが現代の魔法使い。見習いたい限りです。
 

 
名刺屋:
取材から初稿をお見せするまで約2週間、
そこから校正なども含め締めて約1ヵ月、
時間が掛かってしまい大変お待たせしました。
出来上がってみて、使ってみてどうですか?
 
池田さん:
思ったより早かったし見て楽しかったですよ。
家族で点数つけたり。嫁が95点、子供達は100点でした(笑)
あと使ってみての感想ですよね!
「仕事何してるの?」と聞かれた時など、
中々説明しづらくそんな時にバーン!と見せ、
一発でわかるスペシャルものぐさ時短ツール
として、大 大 大活躍中です!
紹介ツールとしても、上手く機能してます♪
 

 
名刺屋:
しっかり「働いて」るんですね♪
ところで「はたらく名刺」を 「名刺」という
言葉を使わずに表現するとしたら、どんな表現がピッタリですかね?
 
池田さん:
いろんな国(人)に行く際の(合う際の)パスポート。
持ってないとドコにも行けましぇん的な
大切なものです。7年と言わず、毎年デザイン
を変えたい気はします。素敵なものをありがとうございます。
 

 
名刺屋:
パスポートですか! 旨い事言われますね♪
お役に立てたようで何よりでした。
では最後の質問。それは今回の金額に見合うものでした?
 
池田さん:
十分見合うと思っています。はい。
お金は払ってしまうと、記憶の彼方に
消えてしまう人なので(笑)
 

 

 
以上が新潟市外の依頼者さん、池田さんの完成までのケースでした!
もしアナタが名刺作成の依頼をお考えでしたら参考になさって下さいね。
 
▲ ページトップに戻る
 

 
 
 

 
【はたらく名刺お客様インタビュー/その2】 
新潟市の占い師 西山カヅさんにお話を伺って来ました。
 
 
 
名刺屋:
西山さんのお仕事、かいつまんで言いますと?
 
西山さん:
0学(ぜろがく)占術直門師範です。
鑑定士でして、平たく言いますと、占い師です。
お客様にお会いし、鑑定(占い)をしています。
人ってこれで良いのかしら?と思っていても、
中々判断や決断できない場合が有ります。
誰かにポンと背中を押して欲しかったりする時、
0学の鑑定の判断材料でより良い解決方法を
見つけたり気持ちが楽になったと喜んで頂いてます。
 

 
名刺屋:
そんなに喜ばれてらっしゃるのに
お客様集めでお困りだったんですか?
 
西山さん:
怪しいのではないかと、引かれてしまいます。
私は鑑定だけしておりまして、物品を売るような
占い師ではありません。人が幸せ感の中に生きて
行けるお手伝いをと願って鑑定士をしています。
 
 
 
名刺屋:
確かに占い師さんって聞くと、
何か売り付けられそうで怖いですもんねぇ。
ところで何をキッカケに
「はたらく名刺」をお知りになりました?
 
西山さん:
ウィットの山田さんより名刺を頂きました時に
「私も是非、欲しい!」 と思いまして。
 
 
 
名刺屋:
それで私のサイトを探して頂いたんですね。
それにしても会った事も無い私に、しかも高額な
名刺を頼むのは色々と不安があったでしょうに、
何が決め手でご依頼頂けましたでしょうか?
 
西山さん:
ホームページで佐藤さんのファンになりました。
名刺をどうにかしたいと、思っていましたが、
何を載せたら良いのかわからず、全てお任せできる事が魅力でした。
 
 
 
名刺屋:
ありがとうございます。
せっかくお申込み頂きましたが
実際に取材に伺うまで約1ヶ月半もの間
お待たせしてしまって申し訳ありませんでした。
その間のワタシとのやりとりはいかがでした?
 
西山さん:
メール苦手でしたがお陰で少し慣れました(笑)
佐藤さんが真剣に名刺を作ってくれそうな予感がしました。
 

 
名刺屋:
予感がしましたか(笑)
それで実際に取材当日となったワケですが、
午後丸々お時間を割かせてしまって申し訳ありませんでした。
ワタシの取材を受けてみていかがでした?
 
西山さん:
楽しかったです。
佐藤さんが誠実でまじめな方で安心しました。
丁寧に取材して頂きまして、満足でした。
 

 
名刺屋:
HPの私はフザけた感じですもんね(笑)
取材して最初にメールでお見せするまで2週間、
そこから校正なども含め締めて約1ヵ月、
時間が掛かってしまい申し訳ありませんでした。
実際、出来上がってみて、使ってみてどうですか?
 
西山さん:
今までの名刺は、占いに興味がない方に渡すと、
もらった方が戸惑っているようでした。
佐藤さんの名刺は、渡しますと昔太っていた事が
話題になり、すんなり名刺をもらってもらえます。
 

 
名刺屋:
狙い通りに行ったワケですね^^
ところで「はたらく名刺」を 「名刺」という
言葉を使わずに表現するとしたら、どんな表現がピッタリですかね?
 
西山さん:
「西山カヅのカタログ」だと思います。
化粧品販売の仕事もしてるのですが、
以前に別の方にその名刺を作ってもらう際、
「商品カタログみたいな名刺」と注文しました。
私は満足でしたが、中々 注目してもらえませんでした。
 

 
名刺屋:
はたらく名刺 は 西山さんのカタログ。
なるほど。では最後の質問です。
それは今回の金額に見合うものでした?
 
西山さん:
とても満足しております。
初めは、お高いと思いましたが、丁寧な取材、
話題性のある名刺で、金額に見合うと思います。
 

 

 
以上が新潟市の依頼者さん、西山さんの完成までのケースでした!
もしアナタが名刺作成の依頼をお考えでしたら参考になさって下さいね。
 
▲ ページトップに戻る
 

 
 
 

 
【はたらく名刺お客様インタビュー/その3】 
福井県の風船屋さん8787バルーン 辻下さんにお話を伺いました。
 
 
 
名刺屋:
よろしくお願いしますね。まず、
はたらく名刺はどうやって知られました?
 
辻下さん:
私が所属するネット勉強会の仲間から
面白名刺サイトがあると紹介を受けたので、
さっそくサイトを拝見させていただきました。
 

 
名刺屋:
福井県さんにはそんな集まりがあるんですね。
ところですぐに資料請求なさいました?
 
辻下さん:
サイト自体は3ヶ月前に拝見してて、
高い買い物になるからどうしようかと…。
ようやく意を決して資料請求しました。
 

 
名刺屋:
そうだったんですね。ありがとうございます^^
資料請求 = 注文じゃないですけどね(笑)
でも、高い買い物になるにも関わらずご注文頂けたのは?
 
辻下さん:
名刺はいつも商品に入れてるのですが、
この名刺を永久保存版にして貰うには?って、
自分で試行錯誤しながら色々作ってたんです。
でも・・・
どうしても自分で作るとバランスが悪くなるし、
字ばっかりでどうもインパクトが無いとか、
この一枚
で私ってこんなんが分かればなぁ〜って思って。
デザイナーに頼んでもキレイなデザインは
上手ですが、私が望むのはそこには無くて、
人がふっと笑ってくれそうな
ちょっと楽しい名刺は…やっぱこれだーーーっ! って。(笑)
 

 
名刺屋:
あはは(笑) ありがとうございます。
でも出張費別途5万円は痛かったでしょ?
 
辻下さん:
でも、今までのお客様の声に出ている方々が、
みんなとても満足そうでしたから♪
「わざわざ取材の為に出張で来るの?」
って思いましたけどね〜。
県外だとこの出張費はネックなんでしょうね。
 

 
名刺屋:
はい…。
だから県外の方は資料請求は沢山あるけど
作成依頼はほとんどありません(汗)
 
で、せっかく申込みもらいましたケド、
取材に行くまで1ヵ月半ほど
お待たせしてしまってゴメンナサイでした。
その間のワタシとのやりとり(主にメール)はどうでした?
 
辻下さん:
とてもわかりやすく、面白可笑しく、
スムーズにやりとり出来ましたよ!
 

 
名刺屋:
事前のメールから取材は始まってるんですよ^^
ここで親近感持って貰えると取材当日お互い楽なのです。
 
それで実際に取材当日となったワケですケド、
半日もお時間割かせてスイマセンせんでしたね。
 
辻下さん:
丸1日とお聞きしていたので、
忙しいから時間作るのに躊躇したのが本音です。
実際はもっと早く終わった(終わらせた?)
ので全く問題無し。3時間強くらいでしたかね。
おおよその目安が分ってるといいかも。
 

 
名刺屋:
丸1日へばりつく取材も実際にやるんですよ。
インタビュー以外に、お仕事してる後ろを追い
掛けて写真とか撮ってると1日なんてすぐです。
 
辻下さんの場合はHPやブログもあって、
お仕事の内容を理解するのに、さして時間が
掛からなかったですからね。お仕事の画像とかも
沢山ご提供して貰えて取材は楽でしたが、
何があっても良いように丸1日見て頂くようにしてます。
 
あ、話が脱線しちゃってすんません。
戻りますが、取材してから最初にメールでお見せ
するまで約2週間、そこから校正等も含め締めて
約1ヵ月。時間が掛かってお待たせしました。
実際、出来上がってみて、使った反応とかどうですか?
 
辻下さん:
初めてデザインを見た時は、大笑い(笑)
うちに来るB女会員も
「めっちゃいいね♪」「わかりやすい」
ってみんな言ってましたよぉ♪
何度か細かい手直しさせてスイマセン。
 
反応はいいです!! というか、
「どこで作ったの」と必ず聞かれるので、
片隅に社名を入れといて欲しいです。
内容を見て共感を得てくれる人がいて、
コミュニケーションバッチリとれます!
 

 
名刺屋:
それを聞けて安心しました^^
では最後に、結果として高い買い物でしたか?
 
辻下さん:
安い!! とみんなに言われます。
イラスト画像は他にも使えてちょ〜便利!!
箱にも小細工あったり、
50枚目・残り10枚目に待っていた
サプライズには驚きました。
あ、クリスマスプレゼントもThank youーーーDESU。
 

 
名刺屋:
あわわ、あんまり秘密をバラさないで…(汗)
 

 

 
以上が新潟県外の依頼者さん、辻下さんの完成までのケースでした!
もしアナタが名刺作成の依頼をお考えでしたら参考になさって下さいね。
 
▲ ページトップに戻る
 
 
 
皆さん色んな悩みがあるんですね。
私にその解決能力「アリ」と見てご注文下さったのかな。
まぁ、お役に立てたようで良かったです。
 
え!?
じゃぁ名刺屋さんに頼むといくらなのかって?
 
やっぱソレ、気になりますよね〜。
次ページに料金形態を分かり易く掲載したので
引き続きお読みくださいな。
 
 
どうやって出来るの?
 

「何枚でいくら」ページへGO!

 
 

 
【無料でプレゼント】
小冊子「はたらく名刺の作り方」無料進呈ページへ
 
魔法の名刺屋では、名刺交換から
商売繁盛を始めようというアナタの為に、
たった3分でアナタの名刺が激変する(かもしれない)
小冊子「はたらく名刺の作り方」を無料進呈中。
 
今時、名刺は誰でもパソコンで作れますからね、
アナタでも魔法の名刺が作れるヒミツの手引書ですよ。
 
無駄な名刺交換で、
もうこれ以上時間を無駄に出来ない。
 
そうお考えの方、
魔法の名刺屋の小冊子を請求してみませんか?

「無料でプレゼント」ページへGO!

 
 
小冊子ご請求頂いても後追い営業はしませんよ。
て言うか、出来ません。 私一人でやってますからね♪
 
 
 

Copyright(C)2008-2016 美写紋堂 All right reserved.  〒950-0914 新潟県 新潟市 中央区 紫竹山 4-7-26(ヘンテコな黄色い住宅の1階)